記事一覧

エコキュートにまつわる詐欺警報

(注意喚起)

2016年9月17日ecoq01

画像出典:日本ダクタイル鉄管協会刊「高機能ダクタイル鉄管」

※ブログ主が点検に立ち会っておらず、対応した者2名の証言に混乱が見られた為、一旦下げておりました。
施工会社とメーカーである大手電機の技術部門に問い合わせた上で検証した結果、やはり詐欺の疑いが濃厚として掲載するものです。


【詐欺の手法】
定期点検の際、エコキュートのストレーナー(汚れを除去する部品)に付着した微量のサビなどを示し、
「お宅は鉄管を使っているだろう?その場合はこうしてサビが溜まるから水を浄化する設備が必要になる。」
「ストレーナーだけの交換はできない。」
「ストレーナーだけを発注はできない。」
「エコキュートの下流で鉄管を使っていてもサビが溜まる。」
などとして、10万円以上の設備を追加で設置させるもの。
※エコキュートはローンで導入している家庭も多いため、ローンに上乗せ金額としては1,000円など、実際よりも少額に聞こえてしまう心理効果も複合。残り期間で計算すると総額で十数万円になる。


【発言のおかしいところ】
「そもそも論」
そもそも、後日こういった設備が必要になる可能性について、導入時に何ら説明が無かった事が問題です。
ブログ主が確認したところ「確かに説明していない」とゲロしました。

「鉄管を使っているだろう?」
いわゆる上水道の本管と呼ばれる「配水管」は鋳鉄管が現在の主流です。つまり、そこから自宅へ引き込む給水管が鉄管であろうが樹脂であろうが、すぐそばまで鉄管の中を流れて水がやってきます。
仮に、エコキュートに上水を供給する経路に鉄管があると不具合が生じるというのであれば、多くの世帯で同じ事になってしまいます。

「ストレーナーだけの交換はできない。」
「ストレーナーだけの発注はできない。」
ストレーナーだけ交換できますし、保守部品としてこれのみを購入することも可能です。
そもそもこれは汚れをトラップする部品であり、清掃可能です。
※メーカー技術者に確認を取りました。

「エコキュートの下流で鉄管を使っていてもサビが溜まる。」
屋内にて蛇口を開けたら水が出ずにむしろ逆流してしまう、というトラブル時にはエコキュートに下流から水が入った事例はある。つまり、それくらいのトラブルが発生しないと下流からエコキュートに水が流入することはあり得ない。
※メーカー技術者に確認を取りました。


【本件が抵触している疑いがある法令】
法令
実際に「浄化する設備」に金銭を支払ってしまった場合:刑法第246条の詐欺罪
未然に被害を防いだ場合:刑法第250条の詐欺未遂罪

その罰則
10年以下の懲役など。
組織的に行った場合は組織的犯罪処罰法により1年以上の有期懲役になります。
※有罪が確定即ち少なくとも1年は懲役となります。


【実際のところ必要なのか】
メーカーの回答は「設置状況が分からないのでなんとも言えないが、基本的にゴミはストレーナーで除去するように設計してある」とのことです。
ブログ主としては、ストレーナーが詰まってエコキュート本体への給水に支障が出るような状況であれば、上水中のゴミを除去する設備は必要であろうと考えます。
なお、メーカーの技術屋さんによれば、ストレーナーが詰まった場合は非常停止する機能が搭載されているそうです。
・恐らく、
「敷地内の給水管が鉄管である場合、メンテが行き届かずサビが異常に発生している状態の場合があり、上水中にサビが大量に混入するケースが稀にある。そういった場合には浄化設備の設置が必要になる。」
これが本来であり、途中を大幅に省略、
「敷地内の給水管が鉄管である場合、浄化設備の設置が必要になる。」
と設置者に伝え、十数万円の設備の設置が必要、としているように思えます。
こう考えると、いわゆる本管である配水管は大抵鉄管という矛盾が、大幅な省略により生じている事が分かりますね。


【まとめ】
・上水中のゴミを除去する設備の設置によりエコキュートにゴミが到達しなくなるので「設置した方が良い」ことは真実。ゴミが少ないほうが良いのは当然です。
・ただし、ブログ主が頻用する「排ガスは吸わないほうが良い」の例えでいくと、年中大渋滞の幹線道路沿いであれば排ガス対策を講じた方が良いが、多少なら誰も気にしない。のと同様、程度の問題である。
(高置水槽の中などは、結構なゴミが溜まっているのが当たり前の事実。)
・あまりに常識から逸脱しているサビの発生具合ではない場合、メーカーもその程度は想定して本体を設計してあるはずであり、浄化設備の設置は当家ではオーバースペックであり不要と判定。


【警告】
この手法により小銭を稼いでる者へ。
カモ候補の身内にメンドクサイ人が存在するリスクをよく考えましょう。


2016年9月17日ecoq02





Amazonでさがす。
楽天市場でさがす。
Yahoo!ショッピングでさがす。
サウンドハウスでさがす。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uskd

Author:uskd
こんにちは。理系の技術屋です。
記事のお題がバラバラですので、右下のカテゴリを使って下さいませ。
左上の記事一覧をクリックすると時系列で一覧表示になります。
楽器と電子部品はどちらにするか迷ったものもいくつか御座います。