記事一覧

疲れやすい体質を利用して疲れが取れる食品・サプリを判定


【疲れやすい体とは】
ブログ主は、持病により非常に疲れやすい体質です。
せっかくなので、疲れが取れる食品・サプリを探ってみました。
条件は、睡眠中に体の修復が行われる事から「夜食べる」です。
なお、栄養の過不足による病気については分かりますが、栄養学については完全に素人ですので、理屈はよく分からない場合が多いです。



【疲れが取れる・取れそうで取れないもの】
・疲れが取れる部門
1位
ホエイプロテイン
説明書きの推奨量摂取により明らかに翌日元気になります。
ホエイプロテインは分岐鎖アミノ酸(BCAA)の含有率が非常に高いそうで、20%程度のようです。

2位
「動物の肉」
明らかに翌日元気になります。
動物種による違いはありません。

3位(2位から少し幅がある3位です。)
「鶏卵」
そこそこ翌日元気になります。
多めに摂ると良いようです。
生卵ならとても手軽なので、サプリ代わりに摂っても良さそうです。


・疲れが取れそうで取れない部門
「魚」
動物の肉とどう違うのかブログ主にはよく分かりませんが、全く疲れが取れません。
アミノ酸含有率に差があるのかもしれません。
魚肉ソーセージなども同様です。
ただし、イワシの缶詰には凄まじい量のDHAが含まれていますので、1日のいずれかの時点で摂取を推奨します。


・疲れが取れないだろうなと思っていたら本当に取れなかった部門
「各種ドリンク剤」
肉体疲労時に、などのアレらです。
成分的にも大抵が水溶性ビタミンとタウリン程度なので、効く分けないですけども。
偏食によりたまたま不足しているビタミンが合致した場合にのみ効果がありそうです。

「ビタミン系の疲れが取れると謳うサプリ」
全く効果ありません。
偏食によりたまたま不足しているビタミンが合致した場合にのみ効果がありそうです。

「養命酒」
少々目的が違う気もしますが、せっかく試したので一応記載です。
むしろアルコールの毒性の方が気になります。


・全く期待していなかったのに結構疲れが取れてしまった部門
「肝臓水解物サプリ」
有名ドコロではヘパリーゼなどが該当します。
試供品があったので、勿体ないと飲んでから寝たところ、翌日妙に元気でした。
原料が動物の肝臓を分解したものですので、「肉」に準じる効果があると考えられます。
原料のドロドロに溶けた肝臓は想像しただけでも気持ち悪いですが、錠剤はコテコテの食品添加物と糖衣錠で小奇麗です。
なお有効成分は全く同一量で、ヘパリーゼ4,580円に対し、レバウルソ1,714円、と価格差が凄まじいです。




Amazonでさがす。
楽天市場でさがす。

Yahoo!ショッピングでさがす。
サウンドハウスでさがす。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ヤフオクの落札・出品、楽天、ヤフーショッピングなどでポイントバック。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uskd

Author:uskd
こんにちは。理系の技術屋です。
記事のお題がバラバラですので、右下のカテゴリを使って下さいませ。
左上の記事一覧をクリックすると時系列で一覧表示になります。
楽器と電子部品はどちらにするか迷ったものもいくつか御座います。



[PR]




最新記事