記事一覧

自動車用バッテリーをデサルフェーターにて延命

(2017年6月11日 従来型品について追記)

ご存知の方は読み飛ばして頂くとして、車の鉛バッテリーはサルフェーションという現象による劣化がメインです。


【サルフェーションとは】
鉛バッテリーが放電する時、電極の表面に電気を通さない物質が現れてくっつきます。
すぐに充電すると再び液の中に溶け込んでいきますが、長期間使い続けると、この電気を通さない物質が結晶化し、固着してしまうので充電しても元に戻らなくなります。
これが進むと、
・電気が流れにくくなり、
・充電の効率が下がり、
・溜め込める電気の量が減り、
・放電出力が低下する。
という具合に劣化していくのです。



【デサルフェーターとは】
デ+サルフェーター=サルフェーションを解除する、のような意味です。
コンデンサやコイルなどの電子部品を使い、逆方向の電流をパルス状にバッテリーに加え、サルフェーションの解除・予防の働きをします。
「デサルフェーター」で画像検索すると、様々な形状のものが出てくると思います。
工業的に量産されたもの、自作されたものなど様々です。



【実際に装着した感想】
私の車は10年前に新車で購入、その時にデサルフェーターを装着、バッテリーは一度も交換せず全く劣化の兆しが見られません。
都市部だったのであまり車に乗らず、乗っても比較的短距離、というバッテリーには厳しい状況でした。
明らかに効果があった/あると感じています。



【どれを選べば良いか】
ホームセンターに吊るしてあるものからヤフオクに出ている自作品まで色々あります。
自作品を購入する際は、出力されるパルスを検証しているものを選びましょう。
効果がない粗悪品も相当数出ているようです。



【サルフェーターは過酷な環境に晒されます】
設置するエンジンルーム内は非常に過酷な環境です。
しっかり作ってあれば相当持つとは思いますが、実はコロンブスの卵的なもっとシンプル=過酷な環境に強いものがあります。
例えば、電解コンデンサなどは熱に弱いパーツです。これを使う必要がないとすればその分デサルフェーターとして耐久力が上がります。



【私が推奨する製品】
※具体的に記載する前に、私はその製品の製造者とは全く関係がない第三者であり、アフィリエイトなどのメリットもありません。
純粋に、発想に感心してしまったので推奨するものです。
------------------------------------------------------------------------
メーカー:有限会社 宗平技研
公式トップページ:http://munehira.com/index.html
この方が発明した回路のページ:http://munehira.com/dc-dc/index.html
デサルフェーターの解説ページ:http://munehira.com/dc-dc/salf.html
販売ページ:http://munehira.com/shop/main.cgi?mode=cart&sid=1
------------------------------------------------------------------------
この方が考案した「まさか特許を取れるとは思わなかった」という非常にシンプルな回路で構成されています。
シンプル、かつ熱に弱いパーツが使われていないので、私が見た感じでは「良い意味で寿命は想定できない」です。
また、非常に小型で、バッテリーターミナルのボルトと良い勝負といったサイズです。
アイディア料として割高にしても良さそうなところ、普通自動車用の「DSC-003」ですと3000円、と比較的割安な点も好印象です。
1つだけ残念な点は、色々盛り込みすぎてデサルフェーターの解説ページが少々読みにくいです、、、
根っからの技術屋さんなんだろうな、という印象です。

2016年6月14日desul03
出典:有限会社 宗平技研

上の画像内、下側のバッテリーターミナルの右辺りでタイラップが巻かれているものがソレです。
とても小さいのがお分かりいただけますでしょうか。


【余談】
友人の欧州人(無線技士)に紹介してみたところ、おおスゴイ、という感想と共に代理購入してくれとの依頼が来ました。
※宗平技研さんは海外発送は対応しておられません。



【その他従来型品】
量販店などでも販売されているものでは、
「サンダーアップ2」
「エコピュア12」
「のびー太12」
「のびー太24」※これだけ24V対応です。
などがあります。これらはパルスを検証しておられる方も存在し、従来方式としては信頼性は高いと考えられます。
エルマシステムの12V対応品2つは
「エコピュア12」:2000cc未満もしくはバッテリー容量50Ah未満の車両
「のびー太12」:2000cc以上もしくはバッテリー容量50Ah以上の車両
と指定されています。
アマゾンが最安値のようですが、特にサンダーアップ2はホームセンターの方が割安なときもあります。

「のびー太」は思い出せないほど随分と昔から販売されており(エコピュアは同社の後発品)、同社製品には下記のようなポジティブな特徴があります。
・日本製である。
・耐用年数約10年と明記されている。
・販売期間が長い=消費者の実地テスト実績が多いと推測される。





Amazonでさがす。
楽天市場でさがす。
Yahoo!ショッピングでさがす。
サウンドハウスでさがす。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uskd

Author:uskd
こんにちは。理系の技術屋です。
記事のお題がバラバラですので、右下のカテゴリを使って下さいませ。
左上の記事一覧をクリックすると時系列で一覧表示になります。
楽器と電子部品はどちらにするか迷ったものもいくつか御座います。
※一部の記事がグーグル上では存在しないことにされております(ツボを突いたものと認識)。

最新記事