記事一覧

価格以外で敢えてジェネリック医薬品を選ぶ利点



【ジェネリック医薬品】
先発薬と呼ばれるオリジナルの医薬品の特許が切れた後に発売される割安の医薬品。俗に「ゾロ薬(ぞろやく)」とも呼ばれます。
成分的には先発薬と全く同一ですが、固める為の賦形剤などが異なっており、効果の出方などが若干異なることがありますので、ジェネリック医薬品を忌避する向きもあります。これは処方する医師による証言も存在します。
ただし、それが治療の妨げになるような大きな問題になるような事はこれまで報告されておりませんし、大差ない問題ではあります。
※「ある医薬品の検証データ」は先発品によるもので、ジェネリック医薬品では検証していません。


【ジェネリック医薬品のよく言われる利点】
価格が割安です。
自己負担も軽くなりますし、健康保険の財政的にはさらに負担を軽減できます。


【ジェネリック医薬品の更なる利点】
ジェネリック医薬品はシートに印字されている医薬品名の知名度が低いことです。

やむを得ず職場などに薬を持ち込まなければならないが病名をなるべく知られたくないこともしばしばあろうかと存じます。
この時、ジェネリック医薬品の方がシートに印字された医薬品名だけで病名を類推できる可能性が低くなります。

例えば先日記載した記事に出てくる「デパス」の例でいきますと、これは非常に有名な薬なので、薬のシートの印字「デパス」を見ただけで恐らくこのヒトは心の病気を抱えている、と類推できるヒトが多いです(他に肩こりなどにも処方されますが)。
ところが、デパスのジェネリック医薬品である「セデコパン」であれば、マイナーなので何の薬か分からない可能性が高まります。

このことから、服用している医薬品名から病名を類推されたくない場合にジェネリック医薬品を選択するメリットが出てきます。


【処方薬局関係者への提言】
上記のように、服用している医薬品名から病名を類推されたくない、という目的の為には、先発薬や成分名と全く異なる名称のジェネリック医薬品を置くことがこのメリットを増強します。

例えば「デパス」のジェネリック医薬品であれば、「エチゾラム」は成分の名前がそのままの医薬品名ですので、類推できるヒトはそこそこおられると思います。また〜〜ゾラム、という名称から薬の系統を類推可能なヒトもいるでしょう。
しかし、同じくデパスジェネリックの「セデコパン」であれば、「デパス」ともその成分である「エチゾラム」とも全く関係性がなく、その名前から何の薬であるのか類推できる可能性がだいぶ低くなるはずです。

以上より、先発薬名やその成分名と全く関係がない名前を持つジェネリック医薬品に対する需要というものがそこそこ有るのではないかと考えます。

※薬剤師さんの証言を追記
厚労省の方針により、ジェネリック医薬品は「成分名+メーカー名」という流れだそうです。


【ジェネリック医薬品を避けたほうが良い場合】
基本的には避ける必要はありません。
ただし、医師が個人的経験からジェネリック医薬品を避けたほうが良いと判断する医薬品もあるかもしれませんので、医師の指示に従いましょう。
ジェネリック医薬品にしようと思うけども〜〜と医師に質問してもよろしいかと存じます。






Amazonでさがす。
楽天市場でさがす。
Yahoo!ショッピングでさがす。
サウンドハウスでさがす。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uskd

Author:uskd
こんにちは。理系の技術屋です。
記事のお題がバラバラですので、右下のカテゴリを使って下さいませ。
左上の記事一覧をクリックすると時系列で一覧表示になります。
楽器と電子部品はどちらにするか迷ったものもいくつか御座います。