記事一覧

硝酸態窒素が基準値超過井戸水は植物に


【井戸水中の硝酸態窒素】
井戸水の水質を検査し飲用不適になる原因として「硝酸態窒素が基準値超え」が最多ではないでしょうか。
原因として、糞尿や肥料が染み込んでいって帯水層に到達している事があげられます。
ですので、比較的浅い井戸かつ農地が多い地域で頻繁にみられます。
アメリカではこれが原因で死亡したとみられる乳幼児がいますので、特に幼い子どもさんには要注意となります。


【ブログ主家の井戸水】
昔使用していた井戸水は硝酸態窒素が基準値の倍以上含まれており、飲用に使えません。
ある日、この事情を理解していない(単に飲めないとだけ認識)家人が面白い証言をしました。
その証言とは、
「上水道ではなく井戸水の方を植物に使うと植物の葉の色が鮮やかになる気がする」
というものでした。


【考察】
化学肥料に含まれる窒素は硝酸態窒素の形ですので、井戸水が化学肥料入りの状態になっていると考えられる。
※有機肥料中の窒素は「アンモニア態窒素」ですが、土壌中の菌により硝酸態窒素に変化、これが植物に吸収されます。


【応用】
せっかくなので植物用にしましょう。


【その他】
硝酸態窒素は通常の浄水器では除去不能です。
数万円程度の機材にて除去することが可能です。


【よだん】
そのうち実証試験をしてみようかと考えております。






Amazonでさがす。
楽天市場でさがす。
Yahoo!ショッピングでさがす。
サウンドハウスでさがす。
ハピタスで各店舗の買い物・ヤフオク入札出品ついでのポイントをもらう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uskd

Author:uskd
こんにちは。理系の技術屋です。
記事のお題がバラバラですので、右下のカテゴリを使って下さいませ。
左上の記事一覧をクリックすると時系列で一覧表示になります。
楽器と電子部品はどちらにするか迷ったものもいくつか御座います。



[PR]




最新記事