記事一覧

書面による行政指導の軽重



【行政処分】
処分と聞くと良くないことのように感じると思いますが「行政処分とは行政が決定した何か」という意味であり、一般的に思われている良くない意味での行政処分は厳密には「不利益処分」と言います。
例えば、行政からの助成金の支給決定なども行政処分です。


【行政指導】
行政指導とは文字通り指導です。
法的にマズイ場合にこれが来ます。
重大にマズイ場合は「勧告」「告発」などになっていきます。


【行政指導にも軽重がある】
※官公庁によって差があるとは思います。
※書面が来た場合についてです。

・テンプレが印刷されている書面に日付や宛名だけ手書きの場合・公印は捺してない。
指導対象が多く個別に対応することができない。個別に対応する程でもない。

・専用に作成された書面・公印が捺してある。
通常、公印を使う場合は割り印も捺してあり、公文書としてその書面を交付した記録が保管されています。
これが来たということは比較的重大視されている事を意味します。


【その他】
軽重によって対応がどうこうとは申しません。
遵法意識を大事にしましょう。






Amazonでさがす。
楽天市場でさがす。
Yahoo!ショッピングでさがす。
サウンドハウスでさがす。
ハピタスで各店舗の買い物・ヤフオク入札出品ついでのポイントをもらう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uskd

Author:uskd
こんにちは。理系の技術屋です。
記事のお題がバラバラですので、右下のカテゴリを使って下さいませ。
左上の記事一覧をクリックすると時系列で一覧表示になります。
楽器と電子部品はどちらにするか迷ったものもいくつか御座います。



[PR]




最新記事