記事一覧

イエメンが核攻撃を受けたという噂

(時事ネタ検証)

表題のような噂が証拠とされる映像付きで囁かれております。
イスラエルの核兵器、としているものが多いです。


【イスラエル核兵器保有の可能性】
負ければ国が消滅してしまう国情(包囲するアラブ諸国対イスラエルの構図)から、核兵器を保有している可能性が強いと考えられています。
また、下記の「詳細不明の核爆発らしきもの」はイスラエルと南アフリカ合同での核実験であったとする向きもあります。
アメリカの情報力を持ってして何が原因だったのか特定できないとは考えづらく、政治的な事情から「不明」とされている可能性があります。
https://en.wikipedia.org/wiki/Vela_Incident
「ヴェラインシデント」



【実際の映像】
https://www.youtube.com/watch?v=0G244pnuoMU
など、youtubeにて ”yemen nuke” で検索すると沢山出てきます。
※nuclearを略してnukeというスラングになります。


2017年6月19日yemennuke01

大きな爆発が生じます。
海外ではこのキノコ雲を持って核兵器であるとする意見が多いようですが、爆発力が大きな爆弾や弾薬庫に誘爆などの際にはキノコ雲ができますので、それをもって断じることはできません。
また、核兵器であれば撮影者も無事では済まないという意見については、爆発力を抑えた小型の戦術核などもありますので誤りであると考えます。爆発力だけでは判断できません。


2017年6月19日yemennuke02

ブログ主が気になったのは多数の光点です。
映像を観ていただくと分かりますが、チラチラと多数の光点が出現しています。
光点は広い範囲に鋭く一瞬光って消滅する事が特徴的です。火薬の燃焼にしては出現範囲が広すぎます。
建物より手前で出現する光点も存在します。
※緩やかに爆心地から飛んでいく光点は可燃物の燃焼と推測します。

https://www.youtube.com/watch?v=N5HSjqiVj8o
こちらは東京電力が公開した福島第一原発2号機の内部映像です。
チラチラと映る光点は放射線が感光していると考えられます

イエメンでの爆発映像と、福島第1原発映像での光点の出現・消滅具合が非常に似ているように思えます。



【爆発の様子】
いつまでもグズグズと爆発が続き、光点も持続して出現消滅している事が分かります。
仮にこの爆発が核兵器だけによるものであれば、爆発は大きなものが一回か、同程度のものが連続すると考える事が妥当です。



【イエメンにおける原子力発電所関連データ】
2017年6月19日yemennuke03
出典:原子力発電の国際的な導入の拡大 経済産業省
http://www.meti.go.jp/committee/materials2/downloadfiles/g81226b04j.pdf

イエメンには国家原子力委員会が存在し、上記データによれば「原子力発電所の新規導入予定国」となっています。



【考察】
イエメンが原子力発電所用として何らかの核物質を貯蔵していたのではないでしょうか。
将来的に核兵器開発に繋がる事・敵性国家に核物質が渡ることを警戒して、推定イスラエルが大型のミサイルや爆弾で攻撃、誘爆して放射線が発生している。
自信なく推測します。



【参考】
2017年6月19日yemennuke04

米軍のGBU-43 MOABという史上最大の通常爆弾(非核)が爆発すると上の画像のようになります。


2017年6月19日yemennuke05
出典:Wikipedia
一方、スーツケース型などの噂以外での公式な存在として最小な核迫撃砲、M-388 デイビー・クロケット(出力0.02kt)。






Amazonでさがす。
楽天市場でさがす。
Yahoo!ショッピングでさがす。
サウンドハウスでさがす。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

噂が本当だとすれば恐ろし限りです。

非核三原則を守り平和な日々を過ごしたいものです。

押さない駆けない喋らない

の、おかし を徹底していきます。

No title

なにゆえイエメンが熱心に攻撃されているのかいまいち理解しておらず、、、

最近覚えたのは、
いかない・のらない・おおきなこえをだす・すぐ逃げる・しらせる
の「いかのおすし」。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uskd

Author:uskd
こんにちは。理系の技術屋です。
記事のお題がバラバラですので、右下のカテゴリを使って下さいませ。
左上の記事一覧をクリックすると時系列で一覧表示になります。
楽器と電子部品はどちらにするか迷ったものもいくつか御座います。
※一部の記事がグーグル上では存在しないことにされております(ツボを突いたものと認識)。

最新記事