記事一覧

法律の隙間 登記事項証明書の有効期限


法律の隙間というより行政の隙間です。


【登記事項証明書】
かつては「登記簿謄本の写」と呼ばれていたもので、現在事項証明書、履歴事項証明書などいくつかあります。


【その有効期限】
各種申請書類などに添付する際、発行から3ヶ月以内、とされている事が多いです。
が、
実は有効期限が明文化されていない事もしばしばあります。
建築関係などでは法令で明文化されている事が多い傾向にあるように思います。
他の部門では、なんとな〜くみんなが3ヶ月としてるんでうちも・・・という事があり、3ヶ月以上経っているから受理しないという法的根拠が無い場合があります。
窓口の担当者が発行日を確認して「あ、どうしよう・・・」という反応の場合(即拒絶ではない場合)、恐らく法的根拠がありません。単に内輪でなんとな〜くの取り決めをしてあるだけです。
何らかの事情によりすぐに受理してもらわないと困る時などはここを突いて受理させる事も可能な場合があります。


【注意点】
窓口の担当者もヒトですので、無理に受理させると気分を害する可能性があります。






Amazonでさがす。
楽天市場でさがす。
Yahoo!ショッピングでさがす。
サウンドハウスでさがす。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uskd

Author:uskd
こんにちは。理系の技術屋です。
記事のお題がバラバラですので、右下のカテゴリを使って下さいませ。
左上の記事一覧をクリックすると時系列で一覧表示になります。
楽器と電子部品はどちらにするか迷ったものもいくつか御座います。

.

最新記事