記事一覧

ナトリウム量しか記載が無い場合の塩分算出

(生活豆知識)

加工食品を購入する際に、塩分はどの程度だろうかと栄養成分表示を確認しても「ナトリウム」しか記載が無い場合。

【困る】
腎臓の病気などを患っている方などはナトリウム量で計算するのかもしれませんが、そこまでの問題がない場合、ナトリウムの量だけ見せられてもピンとこない事が多いと思います。


【塩分の概算】
塩はNaClですので原子量は、
Na = 22.99
Cl = 35.45
となります。

ということは、
NaCl = 22.99 + 35.45 = 58.44

ここで、Na(ナトリウム)とNaCl(塩)との比は、
Na : NaCl = 22.99 : 58.44 = 1 : 2.542

これを暗算しやすいように大雑把にすると概ね、
1 : 2.5
になります。

仮にナトリウム量が「500mg」と記載されていた場合、それを2.5倍した「1250mg」がおおまかな塩分量です。
ナトリウム量の数字のキリが悪い場合は、適当に四捨五入して近似値で暗算すると便利です。

言われてみれば当たり前のことではありますが、意外と気づいておられない方が多いのでメモです。






Amazonでさがす。
楽天市場でさがす。
Yahoo!ショッピングでさがす。
サウンドハウスでさがす。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uskd

Author:uskd
こんにちは。理系の技術屋です。
記事のお題がバラバラですので、右下のカテゴリを使って下さいませ。
左上の記事一覧をクリックすると時系列で一覧表示になります。
楽器と電子部品はどちらにするか迷ったものもいくつか御座います。