記事一覧

「殺菌」「除菌」インチキグッズ

(消費者の無知に付け込み商法)

【インチキグッズ】
あたかも消費者が期待する効果があるかのような説明がなされているものの、実は勘違いによる優良誤認を生じさせているだけの合法的商品群。
勘違いしているのは消費者ですので、これらは完全に合法です。


【用語】
最も警戒すべきは「殺菌」「除菌」という単語を強調しているものです。
これらの単語を強調する事は、商品の優秀性を強調する差別化に結びつきません。
差別化できるところが無いのでこれらの単語を使うしか無い、とも言えます。

・殺菌
明確に定義付けされていません。専門分野により慣例的ニュアンスが異なります。
ほんの僅か、仮に一匹でも菌を殺す作用があれば、殺菌効果があると謳えます。
例:ブログ主がデコピンをしたら菌が1匹死亡、残100億匹となった。→ブログ主の指が殺菌したと言える。

・除菌
明確に定義付けされていません。
ほんの僅かでも菌を除去する作用があれば、除菌効果があると謳えます。
例:ブログ主がデコピンをしたら勢いで菌が1匹どこかに飛んでいき、残100億匹となった。→ブログ主の指が除菌したと言える。

混同しがちな関連用語
・消毒:殺菌除菌などにより、病原性が無い程度に菌を減らします。傷口などに実施する(しようとする)のはコレです。
・滅菌:全ての菌を殺滅します。特殊な器具を用いないとこのレベルまではいきません。


【述語がない場合】
◯◯に!!など謳っているものの、具体的に◯◯にどう意義があるのか、は省略されています。
書けないということは特に意義が無い場合が多いです。
例外的:コスト圧縮のために公式な承認を受けていない効能効果の場合、それを書けない事があります。漢方薬に目立つような気がします。


【具体例】
ノロウイルス関連のグッズに多いです。
「ノロなんとか」というスプレータイプの商品がしばしばあります。そしてこれらをよく見ると「除菌」と書いてあります。
菌ですら消毒レベルまで謳えず除菌レベルであり、そもそもノロウイルスは菌ではないので、その除菌の対象ですらありません。


【よだん】
「除菌」のツールとして最強なのは水道水です。
石鹸で丹念に洗い、水道水でしっかりと洗い流せば相当なレベルで除菌ができます。







Amazonでさがす。
楽天市場でさがす。
Yahoo!ショッピングでさがす。
サウンドハウスでさがす。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uskd

Author:uskd
こんにちは。理系の技術屋です。
記事のお題がバラバラですので、右下のカテゴリを使って下さいませ。
左上の記事一覧をクリックすると時系列で一覧表示になります。
楽器と電子部品はどちらにするか迷ったものもいくつか御座います。
※一部の記事がグーグル上では存在しないことにされております(ツボを突いたものと認識)。

最新記事