記事一覧

インプラント(歯)の意外な落とし穴

(素人なので間違いがある可能性)


【法的側面からの扱い】
しばしば歯科医院の広告で「インプラント研究所」などと記載されているように、インプラント歯科のような表示は法的に認められていません。
厚労省の通知「医政発第0331042号 広告可能な診療科名の改正について」によれば「インプラント科」は法令に根拠がない為認めないと明記されています。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/kokokukisei/dl/koukokukanou.pdf

これはインプラントがマズイものという訳ではなく、保険が適用されるような基礎的なものではない・自費による先進医療のようなニュアンスと考えれば良いでしょうか。



【インプラントの落とし穴】
恐らく、、ですが、構造的にはさしたる違いは無いと思いますが、原則としては素材や機材等、同一メーカーで揃える必要があるようです。
つまり、違うメーカーのものでインプラントを施工している歯科医院はメンテナンスを拒否します。
また、上述の通り基礎的なものではない先進医療のような扱いですので、法に定める応召義務(特段の理由無く診療を拒否してはならない)という原則の適用外となります。
比較的新規の技術、かつ骨に穴を開けてボルトを打ち込むという大工事ですから、他の歯科医院で施工したもののメンテナンスは受けたくないというのは当然の心理としてあるでしょうし、実際に拒否されます。
ですので、施工した歯科医院から遠方に引っ越した際や、当該歯科医院が廃業してしまった際、被せ物が外れた程度のメンテナンスでも受けてもらえる歯科医院があるかどうか、という大問題が発生します。


【進言】
引っ越すことがあったらメンテナンスはどうなるのか、という事を先に確認しておくと良さそうです。
その歯科医のお仲間のような歯科医院があるかもしれません。



【その他】
ブログ主は引っ越してからインプラントの被せ物が脱落しました。
その被せ物を接着剤で固定するだけ、ということすら一旦は拒否されましたが、ウネウネとゴネてなんとか対応してもらえました。






Amazonでさがす。
楽天市場でさがす。
Yahoo!ショッピングでさがす。
サウンドハウスでさがす。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uskd

Author:uskd
こんにちは。理系の技術屋です。
記事のお題がバラバラですので、右下のカテゴリを使って下さいませ。
左上の記事一覧をクリックすると時系列で一覧表示になります。
楽器と電子部品はどちらにするか迷ったものもいくつか御座います。