記事一覧

LAVA Cable 敢えてのTightRope

(ギャレットオーディオさんが安い)
(単線の音)

2017年2月16日lava01
ソルダーレスDCケーブルキットももうじき出荷ですよ


2017年2月16日lava02
Mini ELC用のストレートプラグ


【LAVA ソルダーレスケーブル】
周知の通り、専用のプラグにケーブルをねじ込んで固定するだけでハンダ付け不要のものです。
数センチなど極端に短いものも自由に制作できます。
専用のmini ELCという撚り線ケーブルを使います。
最近ではFree the toneなどからも同様のものがリリースされています。



【敢えてのTightRope】
同じくLAVA Cableにて、TightRopeという種類も存在します。
価格はmini ELCと大差ありません。
こちらは芯線が20AWG(約0.92mm)の単線という点が異なります。



【単線ワイヤー】
近年オーディオの世界では単線が人気です。
経験値の高い方のご意見を伺うと、
撚り線:音が少しぼやける(ような気がする)
単線:撚り線のようにぼやけない(ような気がする)
という傾向の感想のようです。
また、電気信号の伝達は高域が導体の表面を通過する都合上、
太い導体:表面の面積が少なめ=高域の割合が下がる
細い導体:表面の面積が多め=高域の割合が増える
という現象が生じます。
太い細いによる表面積の違いは生物学的には高緯度地方の動物はズングリしていて表面積の割合が少ない=熱の損失が少ない、というベルクマンの法則に通じます。
余談ながら、太っているヒトが暑がる一因にこれがあるかもしれません。
しばしば楽器のケーブルで太いものを使ったら音も太くなった、というのはつまり若干ハイ落ちしているということです。
では導体の太さはどの程度がバランスが良いのか、という点については概ね直径0.4mm程度であろうとなっています。
TightRopeの20AWG(約0.92mm)はそれよりも太いですが、ハイファイオーディオではないので「味付け」としてその辺りが程よいのかもしれません。



【パッチケーブルとして】
個人的好みの部分も大きいですが、パッチケーブルの部分はストレートな音であって欲しいと感じます。
そう考えると、撚り線であるmini ELCよりもTightRopeの方が好ましい気がします。



【国内での取扱い】
TightRopeについては国内ではあまり取扱いがありません。
知る限りでは「ギャレットオーディオ」さんが最も充実、しかも小安いです。

・TightRope用ソルダーレスプラグ
L型銀メッキ 540円
L型金メッキ 600円
・TightRope
黒、白、赤 各780円/m

ついでにmini ELC関連も安いです。
・mini ELC用ソルダーレスプラグ
直型 670円
直型金メッキ 920円
L型 680円
L型金メッキ 920円

いかがでしょう。
個人輸入するよりも安い良心価格だと思います。
国内最安値ではないでしょうか。

フレームの関係上、直接のリンクはややこしくなりますので、
トップページヘのリンク http://www.garrettaudio.com
左のカテゴリにて、コネクターのところにプラグ、線材&ケーブルのところにケーブルがあります。
※一消費者であって回し者では御座いません。



【公式サイト】
http://www.lavacable.com/



【その他】
ギャレットオーディオさんの トップ → セール品 → GUDEMANフィルムコンデンサ-0.01uF/150V、@80円 は評判が良いようです。
本来はこの値段で買えるものではないような気がします。





Amazonでさがす。
楽天市場でさがす。
Yahoo!ショッピングでさがす。
サウンドハウスでさがす。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uskd

Author:uskd
こんにちは。理系の技術屋です。
記事のお題がバラバラですので、右下のカテゴリを使って下さいませ。
左上の記事一覧をクリックすると時系列で一覧表示になります。
楽器と電子部品はどちらにするか迷ったものもいくつか御座います。
※一部の記事がグーグル上では存在しないことにされております(ツボを突いたものと認識)。

最新記事