記事一覧

風呂場のドア閉鎖に依る住環境でのカビ抑制

(生活の知恵)

【気流】
建物の換気扇は一般的に気流を意識して設置されています。
例えばオフィスビルなどで換気扇があるのに敢えてトイレの窓を開けてしまった時に、糞尿の臭いが廊下側に流れ込んで来て不快になることがあります。これは、窓を締めた状態で廊下側から換気扇へ、という気流を設計してある為です。
ですので、換気扇がある区画の換気は、それをすると空気はどのように動くのか、という事を一考しないといけません。


【カビだらけだったブログ主家】
当家では廊下に置いてある合成樹脂製の器物にもアスペルギルス風のカビが繁茂するほどカビの勢力が旺盛でした。
不潔などは考えられないので、恐らくは風呂場の湿気が原因であろうと仮診断し、家人に衛生指導を実施しました。


【問題点と指導事項】
・浴室・脱衣所の湿気を気にして、浴室・脱衣所の廊下側ドアを使用時以外は全開放している。
 これは家屋を巻き添えにして浴室と脱衣所の湿気を下げる行為であるので、用が無い時は閉鎖する事としました。
 風はあちこちの方向へ発生する事が多い為、全開放状態では廊下から浴室・脱衣所→屋外へと湿気が抜ける事もある反面、屋外→浴室・脱衣所→廊下、という方向に湿気が移動する事もあります。後者の場合では、廊下→その他の部屋→屋外へ到達、となる前に家屋内のどこかで高い湿度の空気となり滞留する可能性が高いです。一方、浴室・脱衣所の湿度は下げづらくなるので、ここでのカビの発生はやむを得ないとするか、気になる場合は小型の扇風機を脱衣所の窓際に設置、それを外側に向けて稼働する事で迅速な換気を可能としました(浴室と脱衣所の区画扉は開放状態)。なお、脱衣所はしばしば服から発生したホコリが多い環境なので、ダイソン式扇風機を用いると掃除が簡単です。ドライヤー時に髪の毛が巻き込まれるトラブルも防げると考えます。


【結果】
比較的短期間でカビの異常な繁茂は改善されました。


【カビが引き起こすトラブル】
アレルギー性疾患、皮膚疾患、呼吸器疾患、ダニの繁殖、家屋の損傷、その他


【考慮しても良い事】
家具や器物を拭き掃除する雑巾の殺菌。具体的には、熱湯消毒又は塩素による消毒による。






Amazonでさがす。
楽天市場でさがす。
Yahoo!ショッピングでさがす。
サウンドハウスでさがす。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uskd

Author:uskd
こんにちは。理系の技術屋です。
記事のお題がバラバラですので、右下のカテゴリを使って下さいませ。
左上の記事一覧をクリックすると時系列で一覧表示になります。
楽器と電子部品はどちらにするか迷ったものもいくつか御座います。

.

最新記事