記事一覧

ゾロ薬について

(質問への回答編)

【ゾロ薬】
薬には開発して比較的新しい段階の割高な新薬と、それらの特許が切れた後にリリースされる後発薬の「ゾロ薬」があります。
「ゾロ薬」は「ジェネリック」とも呼ばれるようになりました。


【ゾロ薬が違う点】
メーカーが異なります。
ゾロ薬のほうが一般的に割安です。
有効成分は同一ですが、錠剤の形などを維持する為の混ぜもの=賦形剤(ぶけいざい)が若干異なる可能性があります。


【ゾロ薬を避ける人がいる】
しばしばゾロ薬を嫌がる人がいます。
恐らくはコピー品的な悪い印象があるのでしょうか。


【ブログ主が観察した結果】
ブログ主が確認したケースだけなので、世間のごく一部という事になります。
医師の側が使いたがらないケースは、徐放剤が目立って多い気がします。
徐放剤は有効成分が同一というだけではなく、腸内などで徐々に放出される為の賦形剤(の崩壊の仕方)も非常に大事になってきます。
どういったレベルで「徐々に」が優秀なのかは一概に言えませんが、諸々の臨床試験は新薬を使って行われる都合上、賦形剤の崩壊具合も新薬とほぼ同一である事が求められます。
ゾロ薬はここの部分の再現の度合いが少々異なることが多いのかもしれません。


【ブログ主が個人的にどう選択するか】
個人的にはゾロ薬によって重大な弊害が伴うとは考えません。
慎重を期すべき患者として、老人・乳幼児・何らかの基礎疾患がある場合、などがあります。
こういった患者さんでは薬の効きもシビアに管理する必要がある可能性がありますので、その場合には注意すべきでしょう。
当然ながら、こういった事は医師が気にしますので、通常は患者がピリピリと気にする必要はないのではないか、と考えます。


【まとめ】
医師は経験上の話しとしてゾロ薬を勧めない場合があるかもしれませんので、お話をよく聞きましょう。






楽天市場でさがす。

Yahoo!ショッピングでさがす。
Amazonでさがす。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ヤフオクの落札・出品、楽天、ヤフーショッピングなどでポイントバック。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uskd

Author:uskd
こんにちは。理系の技術屋です。
記事のお題がバラバラですので、右下のカテゴリを使って下さいませ。
左上の記事一覧をクリックすると時系列で一覧表示になります。
楽器と電子部品はどちらにするか迷ったものもいくつか御座います。



[PR]




最新記事