記事一覧

ファルコンオイルのMoDTC(モリブデン)濃度

(2017年8月24日加筆)

2016年5月17日ファルコンオイル


原液なのか?と聞かれたので回答がてらのメモです。
「原液」がよく分かりませんので、アデカさんのサクラルーブと比較することにします。
「有機モリブデン」はMoDTCと仮定します。
MoDTC濃度はモリブデンの質量%で計算します。
オイルの密度は0.85と仮定します。
ファルコンオイルの密度は不明なので、溶媒が多いと推測して同じく0.85と仮定します。

ファルコンオイルの説明書き
----------------------------------------------------------------------------------------------------
エンジンオイル4Lに1本(200ml)添加すると有機モリブデンが450ppmとなる
----------------------------------------------------------------------------------------------------

”ppm”ってどのくらいだっけ、、、となりがちな方は下記のように覚えると簡単です。
「100%は100万ppm」
2回ほど厳かに唱えますと、より記憶に残ります。
「100%は100万ppm」
「100%は100万ppm」

100%=1=1,000,000ppm
ですので、
100ppm→0.01%→0.0001
450ppm→0.045%→0.00045

4L=4,000ml+200ml添加=4,200mlの時、450ppm=0.045%
 ↓
4,200cc×0.85=3,570グラム
 ↓
3,570グラム×0.045%=3,570グラム×0.00045=1.6065グラム
 ↓
ファルコンオイル200ml×0.85=170グラムに約1.6065グラムのMoが含まれる。
 ↓
1.6065グラム÷170グラム=0.00945=0.945%

ファルコンオイルのMo質量%は概ね【0.945質量%】となりました。

さて、ここでアデカさんのサクラルーブ525ですとMo質量%は【10.0質量%】ですので、
ファルコンオイルのMo質量%:サクラルーブ525のMo質量%=【0.945:10】

他に、サクラルーブ200、165はそれぞれ4.1、4.5質量%含みますので、
ファルコンオイルのMo質量%:サクラルーブ200のMo質量%=【0.945:4.1】
ファルコンオイルのMo質量%:サクラルーブ165のMo質量%=【0.945:4.5】

見方を変えまして、ファルコンオイル推定Mo含有量である1.6065グラムを各サクラルーブ量で換算すると、
・サクラルーブ525の場合
10%×Xグラム=1.6065グラム → Xグラム=1.6065グラム÷10%=16.065グラム
比重=1.06なので、16.065÷1.15=【13.9695ml】
・サクラルーブ200の場合
4.1%×Yグラム=1.6065グラム → Yグラム=1.6065グラム÷4.1%=39.1829グラム
比重=0.97なので、39.1829÷0.97=【38.0074ml】
・サクラルーブ165の場合
4.5%×Zグラム=1.6065グラム → Zグラム=1.6065グラム÷4.5%=35.7グラム
比重=1.06なので、35.7÷1.06=【33.6792ml】

ここで思い出したのが、アッドザウルス 30ml、50mlです。
オイル4L以下に対して30ml添加と指定されているので、その際に約450ppmと仮定すると、
サクラルーブ165と推定Mo含有量が概ね一致します。

各サクラルーブの40℃動粘度は、
200 100
165  35
525 700
ですので、アッドザウルスの粘度もサクラルーブ165に似ていますでしょうか。


【ファルコンオイルは原液なの?】
原液がサクラルーブのようなものを意味するとすれば、原液ではありません。
アッドザウルスはサクラルーブ165の原液である可能性が高いです。


【ファルコンオイルは買いなの?】
溶媒の鉱油をどう考えるか、になります。
気にしない場合はファルコンオイルのコストパフォーマンスの高さが目立ちます。
溶媒で薄めにしてある為に、添加量の微調整にも向いています。
また、成分表示にはVHVIも「鉱油」と記載する事があるようですので、もしファルコンオイルの「鉱油」がVHVIなのであれば、
その混入を気にする必要はほぼ無しと言えるでしょうか。
これはメーカーに問い合わせ無いとグループ1,2の鉱油なのか、グループ3なのかは分かりません。


【450ppmの意味】
それ以上添加しても効果がほぼ変わらない為、450ppmが上限となっています。
※1840ppm添加によりさらなる摩擦低減作用は確認されています。






Amazonでさがす。
楽天市場でさがす。
Yahoo!ショッピングでさがす。
サウンドハウスでさがす。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uskd

Author:uskd
こんにちは。理系の技術屋です。
記事のお題がバラバラですので、右下のカテゴリを使って下さいませ。
左上の記事一覧をクリックすると時系列で一覧表示になります。
楽器と電子部品はどちらにするか迷ったものもいくつか御座います。
※一部の記事がグーグル上では存在しないことにされております(ツボを突いたものと認識)。

最新記事